月別アーカイブ: 2013年7月

保険料の支払い方式

保険料の支払い方式について考えたことがあるでしょうか?保険料の支払いというと、口座振替で毎月あるいは毎年決まった日に引き落とされているというイメージがあります。これらは、月払い、年払いと呼ばれる支払い方式ですが、他にも支払い方式は存在しています。それは、前もってある程度の保険料を支払う前納と全ての保険料を支払う一時払いです。これらの支払い方式をすると、支払う保険料に一定の割引が受けられるようになっています。お金に余裕がある場合、前納および一時払いを選択するとお得です。前納には全期間分の保険料を支払う全期前納という方式もあります。これは一時払いと同じように思えますが、保険料を一時預かってもらい一定の月や年にその期間の保険料を振り込んでもらうというものです。一時払いの場合、保険期間が終了する前に解約すると既に支払った保険料は戻ってきません。それに対して、全期前納は一時預かってもらう形になるため、残りの保険期間の分の保険料は戻ってきます。ただし、その分割引率は一時払いの方が大きいことが多いので、リスクを考えた上でどちらにするかを選びましょう。

高齢者の働く環境整備と技術の伝承

労働安全面でも高齢者の働く環境を見なおさなければいけないことも多くあります。特に製造現場などではそういった見直しは大切なことです。週休3日などの働く時間も考慮することも必要です。いまの中小企業の高年齢者が現在の社会の土台を作ったと言っても過言ではありません。そうした高い技術を持った方の技術をいかに伝承していくかが大切なことです。特に企業を定年退職したベテラン技術者が活躍の場を求めて、東南アジアや中国・韓国企業へ招聘されていった例が沢山あります。中国や韓国の企業は徹底してその人の持っている技術を研究し現地従業員に叩きこみました。その結果が電機・造船やアパレル・ITなどで日本は韓国、中国に追いつき追い越された要因の一つかも知れません。日本が、高度成長を成し遂げ発展してきたのはまさに製造業が付加価値を生み出し生産性を高めてきたからではないでしょうか。豊富な経験を持っている高齢者をどう活用して、いかに付加価値を高めていくか。高齢者がこれまで培ってきた技術やノウハウ、人脈も含めて、若年者に伝えていくことで、会社は新陳代謝を図れるのではないでしょうか?再雇用されたほとんどの方は、「まだまだ健康だ、まだまだやれる」と思い、伝承がスムーズに進まない事例もあり高齢者を活用することと技術などの伝承はセットで考えなければなりません。

ワールドカップ出場決定に伴う交通規制

措置だと思います。そもそも、ワールドカップに騒ぐ若者たちは普段からサッカーを観戦していたりしているのでしょうか。

どうも、ワールドカップやオリンピックなど大きなイベントのときだけ観戦している、そんな印象を受けます。サッカーというスポーツ自体を楽しむというよりも、日本全体で応援する一体感を楽しんでいるという感じです。悪く言えば、ワールドカップ出場を喜びたいのではなく、ワールドカップ出場をきっかけに騒ぎたいだけという感じです。

喜びを分かち合うということは大切ですが、喜び方も騒ぐだけではありません。付近の住民や通行客に迷惑がかかるような行為は避けて、もう少し理性的に喜びの感情を表現できないものでしょうか。
ミュゼ 三宮店

住宅ローンを計算する場合の注意点に関して

家を買うために、住宅ローンを組む時は、金利や返済額について計算する必要があります。毎月の支払額がどの程度なのか、今の年収で支払うことができるのか判断しなければ、住宅ローンを組むことはできません。住宅ローンは、家だけでなく分譲マンションを買う時にも使えますが、事前に知っておきたいことがあります。多くのハウスメーカーや住宅販売会社は分譲マンションや住宅購入希望者に対してのローン計算をする場合、こちらが指定しない限りは変動金利のプランで計算書を出してきます。その方が低金利で計算でき、負担が少なく見えるためです。ハウスメーカーの試算書を見て、このくらいなら無理なく返済できるだろうと考えてしまいがちです。どうして負担が少なく見えるかといえば、金利を一定にして計算するためです。変動金利とは、今後金利が高くなった時には利息も増えることを前提にして、今現在の金利を安く設定しているというものです。反対に固定金利はそのリスクを金融会社が背負っているので金利は高めになります。経済学のプロでも、今後10年刻みで金利の予測をするのはまず無理です。変動金利プランでのローン計算書は現在の負担と将来の負担が混在しているところが問題です。これから家を買おうという人は、客観的に考えることが難しいといいます。住宅ローンを決める時には、メーカー側がつくった計算書だけで貸付条件を決めないようにしましょう。

自動車ローンの計算について

自動車ローンを計算する方法があります。住宅ローンと同じように車を購入する場合でもローンを組むことはできます。ローンを組まないと車の購入が難しいという人が多いのは、車の購入費用を考えれば無理もありません。自動車ローンにはさまざまな種類があり、金利も審査基準も異なります。カーディーラーのところで自動車ローンを組もうとすると、ディーラーと提携している信販会社のローン計算書がつくってもらえます。どんな条件でローンを組みたいか伝えれば、それを計算に反映してもらえます。月々の返済額や、ボーナス一括払いなども計算に組みこめます。金額を具体的に伝えることによって、自動車ローンの条件を決めながら、販売会社と値引交渉をしてもらうのもいいでしょう。自動車ローンは銀行でも組むことができます。金利が低めに設定されているのが特徴ですが、審査は厳しくなります。銀行によっては、審査結果が出るまで一週間ほどかかる場合がありますので、車を買う前に審査を受けておくという方法もいいようです。少しでも金利が低いローンを組むために役立つのが銀行のサイトにあるローンシミュレーションです。幾らのローンを借りたいか、毎月幾らの返済なら可能かなどの条件を入力して、ローンの計算をすることができます。シミュレーションのページでローンについて計算することで、返済の見通しが立ちます。

たるみ改善とサーマクールの注意点について

どんな点に気をつけてサーマクールを受けることで、たるみのない肌になることがてきるでしょう。サーマクール施術を一回受けただけで、永久的にたるみがなくなるのかといえば、そんなことはありません。タイムラグが少なく、施術後はほどなくサーマクールの引き締め効果が出るところが、嬉しいところです。サーマクールは徐々にコラーゲンが生成されるので、数ヶ月間はたるみ改善などの効果が持続されます。サーマクール施術後の効果は6ヶ月程度と言われています。サーマクールの効果を継続したい場合は、再びサーマクールを受ける必要があります。施術費用は10万円から30万円といったところです。価格体系やアフターケアの内容も違いますが、突出して安いというところも存在します。全てにあてはまるわけではありませんが、安いサーマクールは気をつけましょう。資格もないにもサーマクールを行おうとしていたり、アルバイトや無資格で作業をしている人もいるといいます。サーマクールは、たるみの改善に効果がありますが、施術の時に多少の痛みが伴います。最新のサーマクールは、痛みが軽減するように作られていたり、麻酔クリームなどを使って以前に比べて痛み少なくなっていますが、全く痛みがないと言う事はありません。 サーマクールを痛みなしで受けることができるとか、毎日照射しないと直らないとか、宣伝内容がいい加減なところはうかつに利用せず、不明点はカウンセリング等でしっかり確認しましょう。

夏場の冷え性

「冷え性」と言えば、冬がイメージされがちですが、夏場こそ冷え性に気をつけなければならないのです。
夏場、クーラーのきいた部屋にいると快適ですよね。そこで飲む冷たい飲み物はまた格別です。
そしてさらに、クーラーのかかった冷えた部屋から暑い外に出る、この状態だと自律神経が乱れ上手く体温調節が出来なくなってしまうのです。
こう言う状況が実は冷え性の原因になっているのです。
こうなってしまうと、血流が悪くなり免疫が下がってしまったり、夏風邪の原因にもなってしまいます。
では、対策には何が良いのか。
一番は外と部屋の寒暖差をなるべく減らすと言う事。
オフィス等では他の人もいるので難しいとは思います。そう言う場合は、なるべく暖かい物をとり、体の中から温めるようにする。
これをするだけで、結構変わってきたりします。
それもかなわない時は、一枚薄い物を羽織ったり、座っている時に足元へ何かいちまいは折るなどすると良いかと思います。是非参考にしてみてください。