住宅ローンを計算する場合の注意点に関して

家を買うために、住宅ローンを組む時は、金利や返済額について計算する必要があります。毎月の支払額がどの程度なのか、今の年収で支払うことができるのか判断しなければ、住宅ローンを組むことはできません。住宅ローンは、家だけでなく分譲マンションを買う時にも使えますが、事前に知っておきたいことがあります。多くのハウスメーカーや住宅販売会社は分譲マンションや住宅購入希望者に対してのローン計算をする場合、こちらが指定しない限りは変動金利のプランで計算書を出してきます。その方が低金利で計算でき、負担が少なく見えるためです。ハウスメーカーの試算書を見て、このくらいなら無理なく返済できるだろうと考えてしまいがちです。どうして負担が少なく見えるかといえば、金利を一定にして計算するためです。変動金利とは、今後金利が高くなった時には利息も増えることを前提にして、今現在の金利を安く設定しているというものです。反対に固定金利はそのリスクを金融会社が背負っているので金利は高めになります。経済学のプロでも、今後10年刻みで金利の予測をするのはまず無理です。変動金利プランでのローン計算書は現在の負担と将来の負担が混在しているところが問題です。これから家を買おうという人は、客観的に考えることが難しいといいます。住宅ローンを決める時には、メーカー側がつくった計算書だけで貸付条件を決めないようにしましょう。